カーテンのカビ対策!

,


カーテン担当の門田です。

もうすぐ梅雨の季節ですね・・・
梅雨と言えば「カビ」!

食べ物や水回りのカビも気になりますが・・・
実はカーテンにもカビが生えることがあります!

一度カーテンに生えてしまったカビは
なかなか落としにくいものですので、
まずは普段から窓周りの水気対策とお掃除を心がけるのが第一です。

室内にごみやホコリがあると
水分を含みカビを発生しやすくなります。

まめに換気を心がけたり、
結露を拭いたりということが大切です。

カーテンのお手入れと一緒に、
カーテンレールと窓ガラスの掃除も忘れずにして、
窓まわりに埃を溜め込まないようにしましょう。

img1

それでもカビが生えてしまったら・・・

カビの取り方をご紹介します◎
 
1.カビのついたカーテンを陰干しして十分に乾燥させます。

2.ブラシで払ってカビを落とします。

3.カビの生えた側にタオルを当て、
裏から黒いシミ部分を洗濯用洗剤液をつけたブラシで
トントン叩き出し、カビをタオルに移します。
タオルをずらし何度か叩き出して、
水で絞ったタオルで洗剤を取ります。
次に乾いたタオルで水気を取ります。

4.最後に、酵素系の漂白剤でカビ菌を死滅させます。
まずは漂白剤を水で薄め、ブラシにつけてカーテンのひだの中の
目立たない場所につけ色が抜けるかテストします。
5分くらいそのままおき、水で絞ったタオルなどで
漂白剤を叩き出し、乾かします。

5.カーテンの色が目立つほど抜けなければ、
カビのシミ部分の裏側に乾いたタオルをあて、
薄めた漂白剤をブラシで叩き、5分くらい置いてカビ菌を殺し、
漂白剤を抜いて水気を取ります。

ただし、漂白剤をご使用になる際は、十分に注意ください!!
生地を傷める原因となる場合がありますので、
色が抜けそうであれば洗剤液でシミを取るだけにしてくださいね。
 

せっかくオーダーしたカーテン、
是非とも長くお使いいただきたいと思います☆