カーテンのお手入れって、どうすればいいの?

,


カーテン担当の足立です。

風薫る爽やかな5月です!!日差しが明るくなると
お部屋のカーテンのホコリや汚れがちょっと・・・
気になりませんか?

P023_PD1007D_PL1505A

この時期になると、
「カーテンのお手入れってどうすればいいの?」
と、お問合せいただくことが多くなります。

そこで、今日はカーテンの日頃からのお手入れ方法と
お洗濯方法をご案内させていただきます。

カーテンの汚れのほとんどはホコリによるものです。

まずは、日常のお掃除の時にヒダ部分にたまったホコリを
ハンディモップや掃除機のブラシなどで取っていただいたり、
粘着ローラーを下から上へ動かして取ることをオススメします。

タバコのヤニやキッチンからの油煙などの汚れは、
時間がたつほど落ちにくくなるので、早めのお洗濯をおすすめします。

カーテンをお洗濯する際には、
カーテンの裏に付いている洗濯表示を確認します。
家庭での洗濯が可能なものなら、表示内容に従って洗います。

cleaning

カーテンのホコリを払い、フックを全部はずします。
ていねいにびょうぶのようにたたんだら、半分か3分の1くらい
の長さにたたんで、洗濯ネットに入れます。

水流は「弱」、そして「手洗いモード」にして下さい。
繊細なレースやケースメントは、やはり「手洗い」がおすすめです。

汚れがひどいときは、もう一度洗剤を新しくして洗うと
きれいになることが多いです。

最後に、柔軟剤を入れて仕上げていただくと
ホコリを引き寄せる静電気の防止になります。

脱水時にいたむことが多いので、ドレープで約1分、
レースで20~30秒程度まで良いようです。

※刺繍付のレースは、脱水しない方が傷みにくいです。

お洗濯の間に、ホコリがたまったレールやフックも
きれいにしておいてくださいね。

脱水が終わったらカーテンにフックをつけてレールにかけましょう。

カーテンのすそを少し引っ張るようにしてヒダを整えていただくと
プリーツがきれいになりますよ。

カーテンがきれいになると、
お部屋も明るくなり、気分も爽快になります(^^♪

心地よい晴天が続くこの時期、思い切ってお洗濯してみませんか?!