「色」でコーディネートする!カーテンの選び方(暖色系編)

,


オーダーカーテン担当の足立です。

いよいよ梅雨入り(*_*; ムシムシして気分も滅入りがちですが、

今日は、インテリアをまとめる上で大切な「色」についてのお話を
させていただきます。

接客していて、「どうやってカーテンの色を選べばいいのですか?」

「リビングにはどういう色が向くのですか?」などよくご質問をいただきます。

BE Room

基本的には、床や壁の色に合うように・・・とお勧めしますが、

そうなると無難なベージュ系やブラウン系でまとめてしまうことになり

飽きの来ないインテリアになるもの、逆に落ち着き過ぎて気持ちが上向き

になりにくいお部屋になることもあるので、その場合はクッションやラグ

で相性の良い色ををプラスすることをお薦めします。

では、色別にいくつかご紹介いたしましょう。

ビタミンカラーで楽しい食卓
ビタミンカラーで楽しい食卓

カーテンの黄色と椅子の座面のオレンジで気分を活性化させ、

反対色のペンダントライトのターコイズブルーをポイントにした

いかにも会話がはずみそうなダイニングのコーディネイト例です。

女性らしさアップのピンク
女性らしさアップのピンク

これは、女性らしさあふれるピンクのカーテンとベッドスプレッドを

コーディネイトした寝室です。ピンクは、肌のツヤを良くしたり若返りの

効果もあると言われています♡♡♡。

いかがですか?今回は暖色系についてお話ししました(^^♪

次回は寒色系についてお話ししますネ!