「色」でコーディネイトする!カーテンの選び方(寒色系編)

,


こんにちは(^^♪ カーテン館の足立です。

今回は、インテリアをまとめる上で大切な「色」について
第2弾「寒色系」についてのお話です。


カーテン ブルー色

この写真いかがでしょうか?

ブルーグリーンのカーテンで、
涼し気、爽やかでクールな感じがしませんか?

その通りで、ブルー系には気持ちを冷静にして副交感神経の
働きを上げる効果があります。

勉強などの集中力も高まりやすいので、子供部屋にも向いていますし、
落ち着きが必要な寝室にも適している色と言えます。

ただ、リビングなどは、全部ブルー系でまとめてしまうと落ち着き
過ぎてしまうこともあるので、気持ちをアップさせるレッドやイエローなど
をアクセントカラーとして少しプラスしてみるのも良いかもしれません。

カーテン グリーン色

次はグリーンです。

爽やかで潜在的に太陽の光への要求が
ある色と言われています。

この写真のように相性の良い白や
アクセントになるオレンジやレッドを加えて行くと、
自然を感じる心地よいインテリアにまとめられると思います。

いかがでしたでしょうか?
色についてのお話は・・・(^_-)-☆

もっとカーテンの色についてお知りになりたい方は
お店でご相談させていただければ幸いです。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております♪