カーテン生地を簡単リメイク!vol.1 – ファブリックパネルとは?

,


インターン生の梶原です。

皆さんは長年使ったカーテン生地や余ったハギレをどのようにお使いになられておられますでしょうか?

長期間お使いいただけるよう、一般的な生地よりもしっかりと織られて作られていることが特長のオーダーカーテン用の生地やハギレ。それらを活かして、オリジナルのインテリアを簡単に作成するアイデアや方法を4回に渡ってご紹介させていただきます。

そして1回目は、比較的短時間で、しかもお安く作ることができる「ファブリックパネル」をご紹介します!ところで「ファブリックパネル」はご存知でしょうか?この言葉を聞きなれない方もいらっしゃるのではないかと思います。

1473288627514

このようなものをインテリアショップやカフェなどで見かけたことはありませんか?木製のパネルに布(ファブリック)を貼り付けて作られる、このインテリアアイテムを「ファブリックパネル」といいます。

ファブリックパネルは北欧を中心としたヨーロッパの国々で長年親しまれてきましたインテリアアイテムです。特に北欧の国々は長く厳しい冬が続くため、家の中での暮らしが中心となってきます。

そして、家の中でより楽しい生活をおくるためのインテリアとして生まれたものの1つが、絵を飾るように壁に布を飾る「ファブリックパネル」だそうです。

img_20160908_141101

現在では、日本でも多くファブリックパネルがインテリアショップにて販売されています。が、実際に購入するとなると少しお値段的にお高いイメージがありますよね・・・。

そのようにお考えの方に!実は、お安く、簡単につくる方法がございます。次回は実際にファブリックパネルのつくり方ををご紹介させていただきます。(2枚の写真のファブリックパネルは私がつくったものです!)

一般的に、材料に木製パネルを使用しますが、壁掛けや立掛けて使用するものなので落下や転倒が不安とお考えの方もおられます。そのような方々にも安心して使っていただけるように、木製パネルにとは別の素材を代用する方法をご紹介いたしますので、お楽しみにお待ちくださいませ!