冬の結露によるカビ対策!防カビ機能付きカーテン

,


オーダーカーテン担当の河野です。

冬場になると気になってくるのが結露問題!外の気温と室内の温度差が激しくなると、発生しやすくなります。

しかし、濡れないようにと室内のカーテンを開けたままにしておくと、暖房効果も下がってしまいますし、プライバシーの保護もできません。かといって、濡れたカーテンをそのままにしておくとカビが繁殖し、気づいた時にはもう真っ黒!という事態になりかねません・・・。

そんなやっかいな結露によるカビですが、できる対策もあります!それは「防カビ機能」があるカーテンを選んでいただくことです。

防カビ加工のカーテンは、カビの生育を抑制する効果を持っています。空気中の浮遊菌が、カーテン上の薬剤に触れると、菌の最も外側の細胞壁が破壊されて生育できない状態になり、危険視号をキャッチした同種菌は近寄らなくなり、カビの生育が抑制される仕組みになっています。

全てのカビを死滅させるわけではないですが、こういった効果をもつカーテンを選んでいただくことによって、カビの繁殖をできるだけ防げる場合もあります!
防カビカーテン実験

川島織物セルコン 防カビカーテン

コーディネートする上で、もちろんカラーやデザインは最重要ですが、カーテンを付けられる環境下によって、必要な機能性を考えていただくことも大切です!

カーテンの機能面でお困りのことがございましたら、ご来店時にお気軽にスタッフまでお尋ねください♪