なぜ眠れない?カーテンと睡眠の深い関係とは!?

,


オーダーカーテン担当の西岡です。

あけましておめでとうございます!!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様は、お正月はゆっくりと過ごせましたでしょうか?

私はたっぷり!睡眠をとりました♪質の良い睡眠は人間にとって非常に大切ですよね。

そして、良い睡眠をとるにはカーテンがとても重要であるということを、皆様ご存知でしょうか?今回はカーテンと睡眠について、大切な3つのポイントをお話しさせていただきます。

心地のよい眠りに大切なもの。1つ目は「光」です。

一般的に夜は暗く、朝の目覚めには日光を浴びるのが良いとされています。

カーテンには光を遮る機能を持った遮光カーテンと、光が自然に透ける遮光機能のないカーテンがあります。

遮光カーテンを吊ると部屋が暗くなりますので眠りやすくなり、とくに寝室に人気です。しかし遮光カーテンの場合、等級にもよりますが、閉め切ると、朝でも真っ暗になってしまいます。

そこで、遮光カーテンの場合は目覚めたらすぐにカーテンを開け朝日を浴びるか、もしくは夜に足元の遮光カーテンを少しだけ開けてレースカーテンだけにしておくと、目覚めやすくなります。

自然の光で、朝になったのが分かるようにしたい方は、遮光機能のないカーテンのほうがおすすめです。

寝室 遮光カーテン
リリカラ ドレープ:FD52389 レース:FD52515

2つ目に大切なのは「音」です。

騒音は眠りの質を低下させます。屋外の騒音には、レースカーテンと厚地カーテンを二重にすることで防音効果が上がります。さらに厚地のカーテンは遮光生地にすると厚みがあり、防音効果や遮熱効果も期待できるのでおススメです。

3つ目に大切なのは「色」です。

寝る前に寝室で目にする色は、睡眠中の神経の働きにおおきく影響します。落ち着いた色彩で、自分の好みに合うものを選んでください。

例えば「青」は鎮静作用があり、眠りを誘う色と言われています。「ベージュ」や「ブラウン」は自然の土に近く、気持ちを落ち着かせてくれます。「緑」は目に優しくリラクゼーション効果があり、興奮を抑えてくれる作用があります。

寝室 遮光カーテン ブルー川島織物セルコン ドレープ:ME2320 レース:ME2463

カーテンは良い睡眠をとる為に非常に重要な役割を持っていることがお分かりいただけましたでしょうか。皆様はグッスリと睡眠をとれてますでしょうか?気になった方は、一度寝室のカーテンをチェックしてみていただければと思います。

カーテン卸館ではたくさんのカーテンサンプルをご用意しておりますので、是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。

2017年もカーテン卸館スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。