カーテン?ブラインド?シェード?窓に合わせたベストな窓装飾とは?

,


オーダーカーテン担当の足立です。

大きな窓、小さな窓、縦長の窓、出窓・・・

形も色々、開け方や使い方も色々あるけど、何を選べばベストなのか?迷っておられませんか?今回は、窓装飾の種類とその特徴をご説明します。

まず、窓装飾には、大きく分けて「左右に開けるタイプ」と「上下に開けるタイプ」の2種類に分かれます。

<左右に開けるタイプ>
ある程度の大きさのある引き違い窓や掃き出し窓に向き、開け閉めがしやすいため出入りをする窓にも向いています。

1.カーテン
カーテン
レールに生地を吊り下げるもの。レースカーテン、厚地カーテンともに生地や色柄の種類が多く、部屋のイメージに合うものを選びやすい。家庭で洗濯できる物が多く便利。窓をしっかり覆うので、遮光、遮熱の省エネ効果、防音、目隠し効果もあります。

2.バーチカル(タテ型)ブラインド
バーチカル ブラインド
羽の角度を変えることで通気や明るさ調整ができます。スッキリしたモダンで機能的な雰囲気のインテリアになります。

3.パネルスクリーン
パネルスクリーン
数枚のタテ長の生地をレールに吊り、スライドさせて開閉します。カーテンと違ってドレープがないので、布地でありながらもシャープでモダンな印象になります。

<上下に開けるタイプ>
大きな窓から小さな窓まで様々なタイプの商品がありますが、出入りを頻繁にする場所には、開け閉めが少し手間になることもあります。

1.ローマンシェード
ローマンシェード
カーテンの生地をたたみながら上げ下げするタイプです。生地のたたみ方によりプレーンシェード、シャープシェード、バルーンシェード、オーストリアンシェードなどの種類があります。選ぶ生地とスタイルによりシンプルなものからエレガントなものまで作れます。

2.ロールスクリーン
ロールスクリーン
張りのある生地を巻き上げて使うタイプです。シンプルでスッキリした印象になります。調光できるタイプのものや、レース生地とのダブルのものもあります。

3.横型ブラインド
横型 ブラインド
羽の角度を調整して日光や外からの視線を防いだり、通気の調整をします。使う場所により遮熱、防汚、耐水などの機能付きもブラインドも選べます。シャープなアルミ製が中心ですが、温もりのあるウッド製ブラインドも人気があります。最近増えているスリット窓にも対応できるサイズのものもロールスクリーンやブラインドにはあります。

4.プリーツスクリーン
プリーツスクリーン
ポリエステル製の布や和紙調の生地をプリーツ状にたたみ上げるタイプの商品です。和洋を問わず合わせることができ、レースタイプの生地とペアタイプにすることで調光もしやすく
なります。断熱性を重視したハニカムタイプのスクリーンもあります。

<固定するタイプ>
主に開け閉めをせず飾りや目隠しとして使うタイプ

1.カフェカーテン
カフェカーテン
人の視線に当たるあたりを中心に布をかけるタイプになります。ポールに通したり、クリップで吊るしたり色々なスタイルを選べます。小さめの窓にレースや柄物の生地で作ると部屋のポイントにもなり洒落た雰囲気になります。

2.クロスオーバーカーテン
クロスオーバー カーテン
2枚の生地を中央で重なるように垂らすもので上部を固定し、両脇で留めることによりたっぷりとしたドレープを楽しめます。生地をおろせば2重にかさなるので遮光性や保温性も高まります。

いかがでしたでしょうか?

店頭には様々なスタイルの商品を展示させていただいております。
窓装飾に関することについてご質問などがございましらら、ご遠慮なくスタッフにお申し付けくださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。