色の種類は無限大!部屋に適したカーテンの色の選び方とは?- リビング・和室 編 –

,


オーダーカーテン担当の森です。

お引越しシーズンの絶頂期を迎えており、本日もたくさんのお客様にご来店いただき大変うれしく思っております!

そして、ご来店いただいた方から数多くいただくご質問が「どの部屋に何色のカーテンを持ってきたらよいの?」という質問です。

どの部屋にも基本的にはお選びいただいた家具の色や壁やフローリングなどの色味に馴染みやすい色を選んでいただくか、どのような雰囲気のお部屋にしたいかによってカーテンの色が変わってくるものです。

ですが、実際に住んでいないお家のイメージなんて、なかなかすぐには沸いてこないですよね・・・。

そんな方へ部屋別におススメのカーテンの色の選び方について、2回に分けてご紹介したいと思います!

まずは「リビング」のカーテンの選び方。

リビングはお客様を一番最初にお通しする大事なお部屋。リビングのコーディネートによってお家の印象が決まってしまうといっても過言ではないくらいリビングのカーテンは第一印象を決める大事な部屋であり、お家の顔です。

そんなリビングには「ベージュ系」や「アイボリー系」、そして「(暗くなりすぎない)ブラウン系」がおススメです。お好みなどはありますが、どんなインテリアにも合いますし温かみを感じる色としても使えます。

リビングのカーテン
メーカー名:スミノエ 品名:U4098

もし、少し色味を加えたいという方には「グリーン系」もリビングのカーテンとしてオススメです。グリーンは自然や植物といった癒しの色として心を落ち着かせる効果がありますので仕事で疲れて帰って来たあなたに癒しを与えてくれるでしょう。

リビングは最もお客様をお通しすることが多い場所。もちろん自分好みの色遣いをすることも素敵ですが、万人受けをするような多くの人が違和感なく過ごすことのできる色を選ぶことも上手なコディネートのコツです。

次は「和室」のカーテンの選び方です。

和室にカーテンってどうなのかしら?とよくご質問いただく事が多くありますが、最近はスッキリと見せてしまうプリーツスクリーンなどのメカ類の商品よりも、温かみのあるカーテンを選ばれるお客様も増えてきています。

そんな和室におススメしたい色は、畳と同じ落ち着いた「グリーン系」や「ブラウン系」。それにあずき色もオススメです。和室といえば?と聞かれると多くの方が、静かで落ち着いたイメージをお持ちだと思います。お仏壇を和室に置かれる方も多くいらっしゃいますよね。落ち着いた色だからと言って暗くなりすぎてもよくないですが、明るくハイカラな色も和室には合わないので避けた方がいいでしょう。

和室のカーテン
メーカー名:リリカラ 品名:60287

いかがでしたでしょうか?

今回はリビングと和室におススメの色をご紹介しました。次回は他のお部屋もご紹介させていただきます。

どのお部屋に何色のカーテンを持ってきたらいいか悩まれている方へ、少しでもお役に立てることができればうれしく思います。