ロールスクリーンのデザイン性が向上!サイドカバーとは?

,


オーダーカーテン担当の大島です。

今回は、4月にリニューアル発売されました、タチカワブラインドのロールスクリーン「ラルクシールド サイドカバー」のご紹介をさせていただきます。

ロールスクリーン「ラルクシールド」は、フレームと巻取りパイプの隙間からの気になる直射光を遮る「シールド」が付きます。

「シールド」は生地の巻取り部に見える、生地の裏面や機構部を隠しスッキリと見せる効果もあります。そして、製品本体と同じ生地が付いているため製品との一体感があり、意匠性にも優れています。

 

ラルクシールド

そして、「ラルクシールド」の正面付けに、製品本体とシールドの端部を覆う「サイドカバー」が標準装着されるようになり、さらにすっきりと、美しいフォルムにリニューアルしました。

「サイドカバー」が製品本体とシールドの端部を覆うことで、すっきりとしたデザインとなりますので、ロールスクリーン本体とシールドの一体感が高まり、側面から見たときの意匠も向上します。

また、「ラルクシールド」の正面付けでおつくりした場合は、生地巻き取り部が露出しないため、生地巻き取り部にホコリがたまりにくい構造になっています。

いかがでしょうか?

ロールスクリーンとカーテンとのコーディネートもできますので、お気軽にスタッフにご相談くださいませ。